2018年1月20日 (土)

1月20日土曜日今日の吉方位

1月20日土曜日、四緑の日

吉方位が一白の人は、南西。
吉方位が二黒の人は、東。
吉方位が三碧の人は、南東。
吉方位が四緑の人は、中央。自宅から半径1以内。
吉方位が六白の人は、西。
吉方位が七赤の人は、北東。
吉方位が八白の人は、南。
吉方位が九紫の人は、北。
要注意方位は北西です。

吉方位が一白〜九紫というのは、生まれ年月のことではありません。
ご自分の吉方位を知りたい方は吉方位に動くをご覧くださいね。

ADAアクアリウムん、エーハイム2217は、吸いが強い。

エーハイムの勢いが止まりません。

水もゴミも魚も容赦なく吸い込みます。
オリジナルのままだと、スリットがおおきいんです。
そこで、ウレタンフィルターカバーを装着。
吸い込まれることは、防いだのですが、朝、見ると、
魚がへばりついていて、水量がおおいので、身動きがとれません。
困ったときは相談だ。
先日発注していた、クーラーの吐き出し口パイプが壊れたので、パーツ依頼していたのもきたというし、先日10匹購入した、ミクロラスボラブルーネオンをもう少し増やしたいので、
いざ、店長のところへ。
ミクロラスボラブルーネオンは、のこり6匹だったので、そちらを。
あと、ストレーナー自体を別なものにかえて、小学生レベルの加工方法をおそわり、バクテリアもなくなったのでついでに買ってきました。
水槽自体がまだごちゃごちゃしていて、写真とるきにならないのだが、少しずつ改良して、いいの作ってやると思っています。
水槽台がくるまで、あと3週間とすこし。

2018年1月19日 (金)

シリーズだけに緊急警報来たのかな?ちな

シリーズだけに緊急警報来たのかな?ちなみに私は!

ゲゲゲの鬼太郎6期ということで。。。ね

ゲゲゲの鬼太郎6期ということで。。。ねこ娘の変遷凄すぎ4期と5期の間に何があったんだ!

今年もやってます100の目標

あきらめさんも、上塗りさんも
みーんなキレイな手にするネイリスト
平松一美です。
毎年やってる100の目標
もちろん今年もやってます
いつも年始にこの話を書きますが
今年の年始は、体調がよろしくなく、
寝たり起きたりをしていたので
つい後回しになってましたね。
でも、ブログに書かなかっただけで
ちゃんと目標は立ててます
100個の目標というと
たいていは、引かれます笑
100個も叶うの!?って。
これは私の性格の問題なんでしょうけど
するぞ!!!と
根を詰めてやり過ぎるのは
あんまり向いてないっぽいんです。
100個の目標の中に、しれ〜っと
難しいことを紛れ込ませておくのが
私にとっての、夢を実現する秘訣です
昨年は、サロンを移転するとか
スタッフを迎えるとか
結構大きな事が実現しました。
まだ叶ってないのは、
年末年始を海外で過ごすとか
ハワイに行くとか。
あと、ちょっとほったらかしてたのが
自分の視野を広める意味で書いている内容。
寺社仏閣巡りをするとか
美術館に行くとか。
すぐ出来るのに、してない。
今年は、少し余裕を持って生きる
というのを一つの課題としているので
すぐ出来る事を一つずつやっていきます
これをやり始めた最初の年以外は、
目標達成率を気にせずやってきましたが
今年はそれも意識してみようかな。
だって、今の私の100の目標は
これが叶えば私の人生最高やな!の
視点で決めてるので、目標達成率が上がれば、
こんなに楽しい事は無いでしょう
ただ毎日、仕事や家のことに忙殺されている方
100の目標、やってみませんか?

腎細胞がんを人災ボーガンと聞こえるよう

腎細胞がんを人災ボーガンと聞こえるように発音するアナウンサー夏木陽介に合掌

RIP俳優夏木陽介さん死去81歳119

RIP俳優夏木陽介さん死去81歳119金-ニュース

2018年1月18日 (木)

伝説最強を平成時代に実装したら【野球ネタ】 *長文注意

皆さんこんばんは。
鉄分不足(趣味的な意味で)に悩む弟くんです。
ふと思いついたことを適当にツラツラと書きます。
タイトルの通り、野球ネタです。
伝説最強と聞いて、何を思い浮かびますか?
最後の試合とセットでイメージ出来たら、あなたはパワプロ経験者でしょう。
このフレーズは2001年に発売されたパワプロ8が元ネタ。
選手を思い思いに作るサクセスのラスボスとして君臨した「伝説最強」という
プロ野球OBの選抜チームです。
最後の試合はその試合に流れるBGMのタイトル。
詳しくはニコニコ動画等で検索してください。
この伝説最強に選ばれた選手たちはそれはもう超一流の選手ばかり。
本塁打王の王貞治、ミスター三冠王の落合博満、ID野球の申し子野村克也、鉄腕稲生和久など昭和の時代に歴史を作った名選手です。
では、平成時代の選手でこれと同じことをやったらどうなるか?
ふと思いついてチームを考えてみたというのがこの記事になります。
前置きが長くなりました。早速ですが、メンバー考えたいと思います。
【ルール】
平成時代と言っても長いので、2001年〜2015年の間に現役だった選手に範囲を指定。
ポジション等については各メインポジションから一人ずつ選抜してスタメンを構築。
最も成績の良い年を評価の査定とする(単年しか良くなくても選抜されることもある)。
控え選手は打力重視(ここが重要)として、ポジションは結構適当に選抜。
投手も結構適当。(試合の仕様上、数イニングしか投げない為、右左関係なし)
外国人選手は選抜の対象外とする。
【スタメン】
1:イチロー(右)
選抜理由・・・説明不要。平成時代最高のトップバッター。
2:松井稼頭央(遊)
選抜理由・・・スイッチヒッターとして唯一のトリプルスリー達成者。
3:柳田悠岐(中)
選抜理由・・・トリプルスリー経験者。現役日本人で飛距離は文句なくNo1。
4:松井秀喜(左)
選抜理由・・・イチローとほぼ同じ理由。むしろ選ばない理由があるのかな?
5:中村紀洋(三)
選抜理由・・・ミスターフルスイング。本塁打王、打点王を複数回受賞。
6:小笠原道大(一)
選抜理由・・・ミスターフルスイング。首位打者、本塁打王、打点王など打撃タイトル多数。
7:山田哲人(二)
選抜理由・・・NPB唯一の複数回トリプルスリー経験者。本塁打王も獲得経験あり。
8:古田敦也(捕)
選抜理由・・・説明要る?球界の頭脳。
9:ダルビッシュ(投)
選抜理由・・・現役投手No1の実力かと。NPB在籍時代5年連続防御率1点台。
【控え野手】
城島健司・・・説明不要。スタメンでも良かったかも?
内川聖一・・・右打者最高打率記録保持者。
松中信彦・・・平成時代唯一の三冠王。スタメンでも(ry
井口資仁・・・山田哲人が入る前だと恐らく彼がスタメンに。
村田修一・・・男、村田。本塁打王2回の強打者。守備もなかなか。新天地早く見つかって!
坂本勇人・・・遊撃手として初めての首位打者。
金本知憲・・・鉄人。
秋山翔吾・・・NPB最多安打記録保持者。本当はスタメンに入れたかった(笑)
【控え投手】
田中将大・・・シーズン無敗で最多勝。漫画ですか?
岩隈久志・・・シーズン21勝は2000年代初めて。
斎藤和巳・・・全盛期の成績は間違いなく歴代TOP5に入る。
大谷翔平・・・やっぱり165kmは異次元。メジャーでも頑張って!
上原浩治・・・クローザーとして選抜するか悩んだけど先発枠で。国際試合では負け知らず。
藤川球児・・・JFKのF。全盛期のストレートは間違いなく大谷以上。
岩瀬仁紀・・・NPB通算セーブ記録保持者。
佐々木一浩・・・ハマの大魔神。説明不要かと。
【ノミネートした主な選手】
中村剛也・・・おかわり君。シーズンしっかり出れれば本塁打王はほぼ確定。
青木宣親・・・NPBで200本安打を複数回達成したのは彼だけ。
福留孝介・・・ぶっちゃけお気に入り枠になるけど、全盛期の成績は恐ろしいもの。
阿部慎之助・・・捕手最高打率記録保持者。2012年の阿部は投げるところ無かった。
松坂大輔・・・平成の怪物。子供の時からのヒーロー。
井川慶・・・左投手で20勝以上しているのは彼だけ。
浅尾拓也・・・中継ぎ投手で唯一のシーズンMVP受賞者。
こんな感じです。賛否両論あるでしょうが、結構いい感じかと思います。
では、また。

あくなき効率を追い求め、走り抜けるコンビニ

甘いの辛いの色々あって、その真っ白なパッケージを手に取り裏側を見ると、湖池屋、東鳩と子供の頃、TVCMで馴染んだ会社の名前が並んでいる
お菓子メーカにとって、広告せずとも大量に買い付けてくれるコンビニ大手はお得意様
パッケージデザインに頭ひねる必要はないし、もしかしたら工場にファミマのトラックが横付けして運んでくれたら物流だってお任せだ。
安くて良い物が安全に手に入って、お店もお客もハッピー
いっけん、いいことづく目に見えるけど、お菓子メーカは新商品の開発に力を入れなくなるだろう。古いおじさん達は、湖池屋や東ハトという名前は知っていても、今の子供達は知りやしない。ブランドが失われ、作りてのやりがいがなくなったら新しい商品なんて生まれない
パッケージ裏面の製造所を見ると今は各メーカで作られているようだけど、物流の都合でそのうち製造場所は集約される。お菓子だから海外での生産に至るかどうかは不明だけど、今の電機製品はどれも中国製
コンビニ小売支配はますます進む
先日、ふと思い立ち、コンビニでチリ産白ワインを買った
600円也と安いけど美味かった
フランス産というだけで高く売りつけていたビジネスモデルは崩壊か
ワインの良し悪しを語るほどの酒豪でもない自分のような消費者にとってコンビニ定番商品で納得いく味なら文句なし。獺祭だって置いてあるし、お酒もコンビニ支配が定番商品への集約を促したりするかも知れない。
売れ筋商品が即座に分かるコンビニという巨大なシステムは在庫という無駄をなくし、極限まで効率を高めていく
でも、顧客がまだ気がついていない価値のある商品は、そんなシステムから得られる情報からは生まれない
作りての遊び心と熱い思いが滲み出る
そんなワクワクする商品はどこから生まれてくるのだろう?

思った以上

防寒具を追加で出そうと漁ったらニット帽が出てきました。
想像より酷い状態で。
いたたまれない気持ちになったので直します…

«料理